WEBのためにフレッツ光を導入する時のポイントとなるところ

WEBのためにフレッツ光を導入する時のポイントとなるところ 家にWEBを見るためのサービスを導入するのなら、フレッツ光を選ぶのが王道でしょう。家の中にwifi環境を作るときもフレッツ光を導入してwifiアクセスポイントとなる機器を導入すれば、家中wifiが利用できます。もちろん有線での接続が出来ますので、最近多くなってきた情報家電などで有線でつなぐことが出来る機器には、ネット接続環境を提供できます。これからフレッツ光を導入する人も多いかとは思いますが、そういう人に向けてポイントとなるところを上げてみましょう。まずフレッツ光は光ファイバー回線とプロバイダーが分離しているサービスになっています。フレッツ光はNTTが提供するものですが、プロバイダーサービスは別な会社が提供します。なのでプロバイダー代は契約する会社によってまちまちなのです。コスト重視の人は月々の代金の安いプロバイダーを探すのがいいでしょう。またプロバイダーはいろんなキャンペーンを行っている場合があるのでホームページなどから、どんなキャンペーンをやっているのかチェックしましょう。例えば入会した月から数ヶ月プロバイダー代がタダになったり、割安料金が適応されたりというサービスがあったりします。このようなキャンペーンを利用すればはじめの期間のコストを低く抑える事が出来ます。せっかくのチャンスがあるのなら、うまく活用したいですね。プロバイダーごとにサービスの違いがありますので、そういう内容も確認しておきましょう。

フレッツ光には電話サービスもありますので、従来の固定電話から光電話へとサービスを切り替える事が出来ます。NTTの固定電話なら番号そのままで切り替えられますので、導入後も違和感なく使えます。電話やFAXなどの機材もそのまま流用できるので、新しい機材を必要とすることもありません。このあたりは導入の敷居が低いので助かりますよね。このようなポイントを踏まえて電話サービスやプロバイダーをどうするか決めていけばいいでしょう。

関連リンク



Copyright(c) 2020 WEBのためにフレッツ光を導入する時のポイントとなるところ All Rights Reserved.